株式会社GEEDとは

株式会社GEEDは、不動産売買及び仲介、賃貸の仲介業務をメインに営業活動を行っております。


新築マンションと中古マンションのイメージと言えば
新築の場合、「価格が高い・施設・設備の充実」
中古の場合、「価格が安い・物件数が多い・実物を見学できる」などが多いようです。
           

そこで私たちは、中古マンションが持つ「好立地」「低価格」等の利点と
新築マンションが持つ「最新設備」「使いやすい間取」を合わせた家を提案します。


株式会社GEEDは必ず心強いパートナーになれると自負しております。
お客さまとの出会いを大切にし、お客様に合った物件・サービス・ご購入後のフォローを提供して参ります。
マンション経営が支持される理由

私的年金  - 豊かな老後の実現のために -
長期にわたり家賃収入を得ることができるマンション経営は、私的年金として活用することができます。
公的年金の不足分を補い、ゆとりある老後の実現に大きく貢献します。

ゆとりある老後の生活を送るためには、公的年金以外に毎月13万円の収入が必要と言われています。 そこで、私的な準備として、毎月安定した家賃収入をもたらすマンション経営が注目されているのです。
生命保険  - 将来の家族の安心のために -
ローン契約時に加入する団体信用生命保険で、万一の場合にはローンを完済。
ご家族がマンションを相続して所有することができ、安心して暮らすための保障として有効です。



資産運用  - 安定した継続的な収入確保のために -
少額投資で資産運用を始めることができ、インフレにも強いのが特徴。
定年退職後も安定した収入を確保します。また、他の金融商品と比較しても高い利回りで安定感があります。

高い節税効果  - 所得税の還付や住民税の減税 -
不動産所得の申告には、月々のローン返済の金利や減価償却費、管理費や修繕費を経費(書面上での経費)として計上することが認められています。
これらを上手く活用する事でキャッシュフローをプラスにしながら節税効果が期待できます。
このように、黒字の所得(給与所得)と赤字の所得(不動産所得)を合算することを損益通算といいます。



不動産投資はこんな方に適しています

不動産投資を行っている方の「職業」は?
意外にも一般企業にお勤めの会社員が多数。若い世代からベテランまで幅広い年齢の方が「サラリーマン大家さん」になっています。


不動産投資を行っている方の「年収」は?
実は平均的な年収の会社員・公務員の方も、金融機関でローンを組んで収益不動産を購入しているケースが多いのです。



マンション経営は、金融商品としても有効です

マンション経営は、分散投資に適した有効な「金融商品」としてもおすすめできます。
資産運用と一口にいっても、その方法はさまざま。一番身近な金融商品である預貯金でも、ご存じのとおり金利は相変わらずの超低水準。 でも、マンション経営なら、
● 物件価格が下がっても、家賃相場が大きく変動することは少ない
● 年4〜6%以上(※)の利回りを実現
今日の超低金利時代における最も有効な資産運用術、それがマンション経営です。


リスクの分散・軽減でペーパー資産に頼らない分散投資


マンション経営が注目されている理由
少ない自己資金で安定的な収益が期待できるとして、サラリーマンやOLの間でも人気が高まるマンション経営。 一言でいえば、自分の所有する不動産(マンション)を他人に貸して、入居者から家賃収入を得る「大家さん業」です。年金不安が騒がれ、「自己責任」が問われる時代、老後のために何かしなければいけません。
ゆとりある老後の生活を送るためには、公的年金以外に毎月13万円の収入が必要と言われています。 そこで、私的な準備として、毎月安定した家賃収入をもたらすマンション経営が注目されているのです。